●自転車の「音」と視覚障害者への配慮

$●中学英語も不安なあなたへ(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-自転車

「自転車は車道」を通行することを徹底させる方針を打ち出し、毎日新聞のニュース記事の他、テレビでも大きく取り上げられています。

それは歩道を歩く人、特に老人や子どもの安全への配慮からと思われます。

これを機会に、さらに「視覚障害者」の方への配慮も思い起こしてみませんか。

コーヒーさんが教えてくださいました。

歩道を猛スピードで行き交う自転車には、非常にたくさんの視覚障害者の方がお困りになっっているそうです。

また「静かに接近する自転車の存在」が怖く、存在を警告するベルを鳴らしてもらえると助かるということです。

しかし健常者は「無暗にベルを鳴らすと、トラブルの引き金になるので鳴らしにくい」というのが現実であるということです。

悲しいことに自転車でぶつかっておきながら「目が見えないのに何で一人で歩くんだよ」などと心ない発言をする人もいるそうです。

皆さん、目をつぶってみてください。想像してみてください。

「突然体に衝撃を感じ、痛い思いをする」というのが、どういうことなのか?

私達が歩道を自転車で通るとき「通らせていただいている」わけですね。

歩いている方は、もしかしたら視覚障害者の方かもしれません。

「自転車で歩道を通行するときは警告ベルを鳴らす」ようにしませんか?

私自身、お恥ずかしいことに、コーヒーさんに教えていただくまで、そういう配慮ができていませんでした。

ベルを鳴らして生じるトラブルが怖いから、気をつかったつもりで出来るだけ鳴らさないできました。

しかし、これからは(もしも視覚障害者の方だったら)ということを頭において、自転車ばかりでなく車の通行にも気をつけたいと考えています。

このブログをRSSリーダーで読む
このブログをメール配信で読む

早朝7:30からの英語レッスンについてのお問い合わせは、
電話またはメールでお気軽にどうぞ。

ワイズアカデミー代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
教室の地図(品川駅から徒歩3分)

●自転車の「音」と視覚障害者への配慮」への9件のフィードバック

  1. ミカリュス ブルガリス(Miccalus Vulgaris)

    SECRET: 0
    PASS:
    フランスでは、小さな子供以外、歩道の自転車での通行は、禁じられています。そのかわり、自転車用通路が整備されているところが多く、自転車と歩行者がぶつかるということは少ないです。
    でも、自転車用通路が整備されていない道路で、自転車で車道を走るのは、慣れてないとちょっとこわいので、安全な道路の整備が重要課題ですよね。

    返信
  2. Ray

    SECRET: 0
    PASS:
    車もおなじです。
    一時停止無視、
    横断歩道に人がいても停止しません。
    チャリも車もルール守りましょう。
    車はやたらクラクション鳴らさない方向で指導してます。
    白い杖の方みたら徐行もしくは停止です。

    返信
  3. 中学英語も不安なあなたへ(よっちゃん先生)大森善郎

    SECRET: 0
    PASS:
    >ミカリュス ブルガリス(Miccalus Vulgaris)さん
    とても参考になる情報を提供いただき、深く感謝いたします。
    フランスでは自転車がひとつの文化あるいはスポーツとして認識されているものかと想像いたします。
    自転車用の道路が整備されることは理想的ですね。
    そのためには国が「弱い立場の人への配慮」ということを国の方針の柱として掲げてくれることが一番ではないか、と感じています。

    返信
  4. coffee

    SECRET: 0
    PASS:
    coffeeです。自転車の問題について記事を書いてくださりありがとうございます。
    トラブルを恐れてベルを鳴らすことをためらうお気持ちわかるような気がします。
    自転車専用通路があれば理想的ですが、
    狭い日本の道路状況では難しい問題でしょうね。
    でも、警告はベルじゃなくてもいいんです。
    自転車の存在を知らせてくださればいいのですから、
    「すみません、通ります」というような声賭けでもいいんです。
    とにかく、白い杖を持って歩いていると、
    かなり離れた場所からも認識できるそうなので、
    ちょっと配慮してくだされば助かります。
    よろしくお願いします

    返信
  5. coffee

    SECRET: 0
    PASS:
    coffeeです。自転車の問題について記事を書いてくださりありがとうございます。
    トラブルを恐れてベルを鳴らすことをためらうお気持ちわかるような気がします。
    自転車専用通路があれば理想的ですが、
    狭い日本の道路状況では難しい問題でしょうね。
    でも、警告はベルじゃなくてもいいんです。
    自転車の存在を知らせてくださればいいのですから、
    「すみません、通ります」というような声賭けでもいいんです。
    とにかく、白い杖を持って歩いていると、
    かなり離れた場所からも認識できるそうなので、
    ちょっと配慮してくだされば助かります。
    よろしくお願いします

    返信
  6. 中学英語も不安なあなたへ(よっちゃん先生)大森善郎

    SECRET: 0
    PASS:
    >coffeeさん
    実践的なアドバイスをいただき、ありがとうございます!
    そうなんです、特に私のような気の弱いタイプはベルを鳴らすことに抵抗があって、実行するには勇気がいるところです。
    そうですね、声をかけるほうが気楽ですし、温かいコミュニケーションになりそうですね。
    いつも的確に教えていただき、感謝申し上げます。

    返信
  7. fjbrcgl

    SECRET: 0
    PASS:
    自転車で車道通るのすごく怖いんですけど・・・
    個人的には歩行者には十分気をつけて
    いるのになあ

    歩行者とすれちがう時は
    ・その時だけ車道に出る
    ・止まる
    ・自転車から降りて押して歩く
     (抜く時は早足で追い越す)
    ・違う道を通る
    など
    これって歩行者が近くにいない時も常に
    車道通れって事ですよね・・・うひゃあ

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です