文法5 冠詞、theとaの使い分け


the=特定、a=不特定と覚えましたね。
しかし、実際の会話では「aもtheも使える」場合があって迷うことがあると思います。
そういう場合にどう使い分けるかを見てみましょう。
彼は少年です→He is a boy.これは問題ないですね。
では!「彼は私が昨日あった少年です」ならばaとtheのどちらを使いますか?
正解は「文脈次第」でどちらも(aもtheも)使えるのです。
敢えて違いを強調して意訳しますので比べてみてください。
He is a boy I met yesterday.→彼「は」私があった少年のひとりです
He is the boy I met yesterday.→彼「が」私があった少年です
分かりますか?a=たくさんのうちのひとつ、言い換えればone of~だから「軽い存在」と言えます。
それに対してthe=特定しているから「重い存在」になるのです。
だからテレビCMのキャッチコピーならばtheが主に使われることになります。
ではペンのCMのコピーを作ってみましょう。どちらがいいですか。
This is a pen you need.→これはあなたが必要とするペン(のうちの一つ)です
This is the pen you need.→これこそがあなたが必要とするペンです
わかりますね。CMであれば the pen の方がよさそうですね。
いかがですか、aとtheの違いの感覚がなんとなくつかめてきましたか?


中学英語の早朝レッスンについてのお問い合わせは、電話またはメールでお気軽にどうぞ。
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
ワイズアカデミー(大人の初級英語教室)
代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
フェイスブックページ

教室までの行き方は:ここをクリック
$●品川で中学英語、大人対象の初級英会話早朝レッスン(大森善郎)-地図

 

 

 

文法5 冠詞、theとaの使い分け」への10件のフィードバック

  1. ともこ

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも会話で迷ったり
    注意される
    “aとthe”。。。
    おかげで今までより
    しっかり把握できました♪
    ありがとうございます!

    返信
  2. 中学英語も不安なあなたへ(瀬利善郎)

    SECRET: 0
    PASS:
    >みずの式英語リスニング・発音の秘密の法則さん
    はーい!
    うれしいコメントありがとうございます!
    日本語にはない感覚の違いだから、こういう例文でないとそれをつかむのは難しいですよね。
    いやあ、しかし動画ってコワイですねえ。
    一番最後にちょっと鼻をすすって、風邪をひきかけかな、ってのまでバレちゃうヽ(゚◇゚ )ノ

    返信
  3. 漆薔薇 ひばり

    SECRET: 0
    PASS:
    a → the となる法則はネイティブに少し習ったことあるんですが、悩むのは、冠詞が何もつかない?つけなくてよい?場合です。
    意味わかりますか?
    説明下手ですみません。

    返信
  4. 中学英語も不安なあなたへ(瀬利善郎)

    SECRET: 0
    PASS:
    >漆薔薇 ひばりさん
    はい!
    ご質問の意味、よーくわかりますよ!
    ふふ
    そういうこともあろうかと、ちょうど明日とあさっては、それについて解説をしています。
    (もちろん1分~2分なのでかいつまんだ説明ですが)
    どうぞお楽しみに!(^O^)/

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です