「言う」の違い; talk, speak, tell & say

杏音さんからのリクエストにお答えしますひらめき電球

「言う」という意味の単語は主に4つ、talk, speak, tell & say

これらの違いは何でしょうか
私の感覚は以下の通りです
talk⇒おしゃべり
tell⇒伝える
speak⇒発言する
say⇒述べる


talk⇒しゃべる
明石屋さんまを思い浮かべてね
He talks a lot.
よくおしゃべりする人だね
朝のワイドショーがありますね、アメリカにもあります、ゲストや観客といっぱいぺちゃくちゃしゃべります
talk show
というんですね
tell⇒伝える
Tell me the way to the station.
駅までの道を「伝えて」!
⇒道を教えてね
I can’t tell the difference.
違いを「述べる」ことができない
⇒違いが分からない
speak⇒発言する
「スピーチ」が名詞形
物理的に発言する
電話での会話
Is Mike there?
マイクはいますか
Speaking!
話しているよ
⇒ぼくだよ
Speak slowly.
(物理的に)ゆっくり話してね
電話
Can you speak up?
(物理的に)もっと大きい声で話してくれない?
say⇒述べる
Say, "Thank you."
ありがとう、と言いなさい
The forecast says it will be snowy tomorrow.
予報は、明日は雪だろう、と述べている
⇒予報では明日は雪みたい
とりあえずこのくらいにしておきましょうか

↓今日もありがとうニコニコ↓それぞれ1日1クリックをお願いします!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

「言う」の違い; talk, speak, tell & say」への6件のフィードバック

  1. miu0

    SECRET: 0
    PASS:
    Indeed (*^o^*)
    It is comprehensible when imaging it.
    I want to come to be able to master it well.
    o(^▽^)o
    Then, good evening.
    単語&表現が間違っていたらごめんなさい(>_<)

    返信
  2. さんかくあ

    SECRET: 0
    PASS:
    今日もとってもわかりやすかったです。
    よっちわん先生。
    サブカテとびこえてでっかいカテゴリでも
    1位目指しましょうね!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です