本文へスキップ

生徒の声|大森善郎のビジネス英語道場「オバマ大統領のスピーチから学ぶ世界の一般常識」

〒108-0074 東京都港区高輪3丁目25-27

TEL. 03-6455-7111

生徒さんの声review

ビジネス英語道場 生徒さんの声

現在受講している生徒から、卒業した方までの感想を頂きました。

Nさん(女性)
Nさんは多くのスクールを比較し「文法を基礎からしっかりと」という方針にひかれ、生徒になってくださいました。他の生徒さんもそうですが、いくら英会話スクールに通っても気がつけば(ただ挨拶しかできない)という状態で「中身のある会話」が交わせないというカベに突きあたる。それは多くの皆さんがご経験があることではないでしょうか。字幕無しで洋画を見る、という具体的な目標があるのはいいことですね。これからぐんぐん伸びていくのは間違いないことでしょう。
===
今月から大人の英語クラスを受講しています。まだまだ初心者なので、皆さんについていけるレベルではないのですが、毎回先生がとても丁寧に解説してくださるおかげで、とても楽しく授業を受けさせてもらっています。テキストもNHKのものを使っているので、TVを見ながら予習・復習が出来、楽しみながら学習出来るのが良いです。英語への憧れは以前から強くあり、漠然と「英語で会話が出来ればなぁ…」と思っておりました。海外旅行で挨拶や簡単なフレーズは言えても、いざ中身のある会話を…と思っても、ちんぷんかんぷんだったからです。英語を習うにあたり、いろいろなスクールや教材を検討したのですが「文法を基礎からしっかりと…」という先生の教えが一番重要なことだと気づき、受講を決意しました。まだまだ勉強を始めたばかりで道のりは長いですが、目標は海外で困らない英語力を身につけること。あと洋画が好きなので、字幕無しで見れるようになりたいです。本場ハリウッドで映画鑑賞とかしてみたいですね。これから先生のご指導のもと、目標に少しでも近づけるようにがんばりたいです!
Sさん(女性)
Sさんは、国際結婚をされたお嬢様を尋ねて一人でイギリスに滞在されるほどに英語が上達し、何よりも自信を持って行動できるようになりました。最初は英語の辞書の使い方も心もとないほどだったのですが、素直に指導に従い、そしてきちんと予習をして毎回「質問を用意」するほどの真摯な姿勢が実ってきました。その謙虚なお人柄と学習姿勢に、今後の飛躍を確信しています。
===
私はレッスンを受けて一年余りになります。英語には四十数年のブランクがありまして、全く一からの出発でした。私の人生観を変えるほどのチャレンジになりました。しかしそれも娘の夫がイギリス人で、いつか来るであろう孫とのコミュニケーションに備えて“時は今しかない”という思いで毎日の予習が生活の一部となっております。読書百遍のように百回、二百回と同じことを繰り返しておりますが、生活に充実感とメリハリをもって、これからもずーっとずーっと…そして楽しく。この年にして学生気分で、夢を見ながら。
Nさん(男性)
Nさんは2年間にわたって私の指導を受けられました。最初は不安も多かった様子でしたが、今では街の喫茶店で外国人に話しかけたりする勇気・積極性も身につけられました。人はいくつになっても学び続け、能力を伸ばしていくことが出来る。それを体現されている姿勢に頭が下がる思いです。
===
私の青春時代の楽しみは映画でした。特にアメリカ映画で西部劇には夢中でした。それは、自然の風景と旅、流れ者、人情、アクション、ハッピーエンド、そして英語の語感の心地良さ、それらの世界をいつか英語のナマで理解したいと思っていました。そこで、やっとリタイアしたので、2年前、瀬利先生の門をたたきました。それ以来、先生の社会知識、教育活動、英語圏における豊富なビジネス経歴、等に依る、分厚い英語力で英文を明快に解きほぐしていく指導の下、私にとって暗闇の英語世界であったものが、今や霧が晴れていく世界に変わり、見えてきた英語を見過ごすことなく、ひとつ、ひとつ拾い上げていくことが出来るようになったのです。先生の言われる英語は単語力だ、という力を増すために、自分の継続力をつかってまい進し、いつか英語世界を快晴で見渡して、英語を直接に感じることが出来ると信じています。
Tさん(女性)
Tさんは今まで沢山の英会話教室に通われた経験があります。この感想を書いていただいてからその後5年間も熱心に通っていただきました。その熱心な受講姿勢には頭がさがる思いであり、私のやる気も向上させてくれる素晴らしい生徒さんでした。
===
早いもので英語教室へ通い始めて2ヶ月になろうとしています。何と中身の濃い授業であったか…今までとは断然違う内容でアッというまの90分! 大森先生の体からほとばしるような豊富な知識で私達に時間gあ経つのを忘れさせてくださいます。もちろん先生は日本人だし、説明もとっても分かりやすく、いつの間にか先生の話術にどっぷりと浸っている自分がいます。「あっ、そうなんだ」「そういう意味だったんだ」「なぁーるほど」と、口々につぶやきながら教わる心地よさ。私達は英語が好きで、少しでも上達出来る様に頑張っています。 先生は私達に『目標』を持つ事の意味と大切さを教えて下さり、今、私達はそれに向かって一歩踏み出した所です。一年後の私達の英語の進歩はいかほどに…今から楽しみです。
Hさん(女性)
Hさんは海外での実体験に基いて英語の必要性を痛切に感じていらっしゃいました。「必要は発明の母」ともいいますが、勉強のエネルギー源といってもいいと思います。
===
「英語」「英会話」そもそも私が外国語を学んでみようと思ったのは、1991年に初めてハワイ旅行に行った後のことです。今は亡き父を連れて一週間の旅でした。ハワイは日本語が通じるし、日本人が多いということで安心だということでしたので…ところが…です! 個人旅行でしたので、そう甘くはありませんでした。言葉が通じない不自由さを痛感しました。ワシントンから来たというご主人が「私も日本に行ったことがあるよ、大阪、京都」なんとなくそう言っているのがわかりました。いっと大阪万博の時だと思います。私の父は、郷里の鹿児島弁でしゃべる始末です。あぁー! 言葉が通じたらなんて楽しい時間が過ごせるでしょうに…。品の良い優しい方でした。それからしばらくして英語の勉強をスタートします。公民館で週一回の割合です。思うように上達しません。しかしこの度の入会は希望が持てそうです。私自身一年間がんばって上達しなければ見込みがないんだと思います。「背水の陣」の覚悟です。家族に途中で投げだす姿を見せたくなくて続けてきた英語ですが、また学ぶ楽しさ、苦しさを味わっております。大森先生のエネルギーを沢山いただいて私もレベルアップしたいと願っております。
Kさん(男性)
Kさんは還暦過ぎということでしたが、スポーツクラブで一年間で十キロくらい減量された、とても若々しい方でした。英語の勉強もスポーツと同じで、少しずつ積み重ねていくことが大切で、体力が勝負です。
===
最近のニュースを主題にして、分かりやすく解説しながら英語を和訳していく作業は学生以来の授業風景です。私にとってとても懐かしく、毎回楽しみです。学生時代の英単語はすぐに思い出されますが、最近覚えた単語はなかなか記憶に残らないです。子供の時父が、若い時は記憶力がよくて歳をとるとだんだん記憶力が悪くなると私に話をしていたのが昨日のように蘇ります。いつしか私もあの頃の父を上回る歳になり、先生があの頃の父に見えてきます。辞書をひく大切さ、繰り返し予習復習をやる大切さ、基本をいつしか忘れてしまい、この歳になってしまった自分を悔いるこの頃です。毎週の授業を楽しみにしています。
Nさん(女性)
Nさんは当時19歳で、歌の勉強とアルバイトをしながら英語レッスンに通っていました。夢はニューヨークにいって歌の勉強を深めることでした。行き先は少し異なったようですが、その後ご自身の夢をかなえられたようです。
===
私は来年歌の勉強のためにアメリカ留学を目指して勉強しています。

バナースペース

レッスン予約 [無料]英語メールマガジン

大森善郎のビジネス英語道場

大森善郎のビジネス英語道場〒108-0074
東京都港区高輪3丁目25-27 アベニュー高輪ビル504号室
鹿島学園高等学校・品川キャンパス内→アクセス

TEL. 03-6455-7111
FAX. 03-6455-7112
Email. お問い合わせ

受付時間
[平日]9:00~17:00