●初級228 school(学校)

schoolといえば学校のことですが、物理的な校舎という建物というより、むしろ教育・授業といった概念的な意味で使われることが多いため、aやtheがつかないことがほとんどです。
大学やcollegeやuniversityですが、その他の場合にはschoolが使われ、幼稚園もpreschoolと呼ばれるのは興味深いことですね。
(1)放課後にテニスをしましょう。
Let’s play tennis after school.
after schoolで放課後という意味になります。
この場合のschoolは校舎ではなく「授業」という意味であるのが明らかですね。
(2)経済的な理由で学校をやめました。
I left school for economic reasons.
leave schoolで学校を卒業する、あるいは中退するという意味になります。
(3)普段は学校にどんなふうに通学していますか。
How do you usually go to school?
go to schoolは「学校に行く」ですが、授業という概念のschoolですのでaやtheのない形であり、意味的には「通学する」というのが適切です。
例えば親が学校に行くのであればgo to the schoolという表現もあります。
(4)彼女は学校で人気があります。
She is popular at school.
at schoolで「学校で」あるいは「授業中に」という意味になります。
He does well at school.
彼は学校での成績が優秀だ。
(5)日本では子どもたちは6才で入学します。
Children start school at age six in Japan.
start schoolで「学校に入る」意味で主に使われます。
授業が始まる、の意味で使われることもあります。


視覚障害者の方のために「画像認証をはずす」運動にご協力をお願いします。
よっちゃん先生(大森善郎)
鹿島学園高校・成田キャンパス
ツイッター
フェイスブック
info@cai-narita.com
090-1502-5643

iPhoneアプリ版「よっちゃんのやさしい英語レッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です