月別アーカイブ: 2010年1月

TOEIC500点講座:英語初心者のための1ヶ月集中コース(おすすめブログ)

蛎崎(かきざき)さんのブログを紹介させていただきます!
TOEIC500点講座:英語初心者のための1ヶ月集中コース
TOEICの最初の壁を越えるためにどうすればいいのか、それを熱意を込めて書かれていらっしゃいます。
基本的な心構えから具体的な対策、当日の持ち物に至るまで、その情熱には頭が下がります。
またご自身が大変に研究熱心で、色々なセミナーにも参加し研鑽されている姿、まさに率先垂範、お手本になっていらっしゃいます。読者の意見も取り入れて改善を試みてもいらして、その熱い思いは素晴らしいですね。
ブログを公開されてからまだ1ヶ月ですが、これからの目次・道筋も明確にされていますので、今からご覧になるのが絶好のタイミングではないでしょうか。
TOEIC500点突破を目指す皆さまに心からおすすめいたします。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-cover      
  読者登録は大歓迎です!→読者になる

オバマ大統領、一般教書演説


オバマ大統領が苦境にあるという。しかし、それは今に始まったことではない。1年前の1月20日。大統領就任演説の表情を思い浮かべたい。それは伸び盛りの大国を背負う気負いと誇りというよりも、100年に1度ともいえる不況と困難に直面した現実への危機感に満ちていなかっただろうか。
7割以上の支持率が5割を切ったという。失業率10%という現状に国民の不満が高まっているという。選挙で民主党が連敗している事実がそれを示しているという。しかし、もしオバマ大統領でなければ、現状はもっと悲惨だったかもしれない。
ましてやノーベル平和賞など有り得なかったことは確かかもしれない。人は先ず気持ちから始まる。尊敬できるリーダーがいればこそ、未来も明るく感じ、その将来展望に向けて仕事も生活もモチベーションが上がっていくのではないだろうか。それこそ前政権に一番欠けていたものかもしれない。
今回の一般教書演説は、大半が米国経済の復興策について割かれた。外交・安全保障については全体の2割以下で、それも従来方針の確認にとどまったとされている。しかし、先ずアメリカ経済を安定に導かない限り、世界経済の安定は存在し得ないのではないだろうか。
殆ど全てオバマ大統領の方針を肯定する私だが、景気刺激策については少々疑問に感じるところもある。例えば全米13路線で高速鉄道を整備するという計画だ。約7000億円を投じ、数万人の雇用創出につながるという。短期的には効果は間違いない…が、長期的ビジョンが見えない。それがなぜ長期の雇用「維持」につながると言えるだろうか。日本の箱物行政と同じにならないだろうか。アメリカに高速鉄道が馴染むのか?旅客・貨物の需要はあるのか?
クリーンエネルギーに投資し、新しい産業を産み出すという素晴らしい方針とは全く逆の方向性に思えてならない。
===
話は変わって…実はアメリカのことを心配している場合などではない。経済不況と財政赤字は、まさに日本の問題だ。資源の無い日本がこれから何で勝負していくのか。智恵で勝負する以外にないのは火を見るよりも明らかではないか。目先の対策ではなく国家としての長期的ビジョンだ。10年先、いや20年先を見据えて、今の日本の若者・子供達が世界をリードしていく人材になるよう、何よりも教育に投資をする。それが我々世代の責任に思えてならない。
過去の世代の勤労努力のおかげで(下降線にあるとはいえ)日本の経済復興が成し遂げられた。しかし次の世代に我々は誇りをもってバトンを渡せるだろうか・・・

===
Madam Speaker, Vice President Biden, members of Congress, distinguished guests, and fellow Americans:
Our Constitution declares that from time to time, the President shall give to Congress information about the state of our union. For 220 years, our leaders have fulfilled this duty. They’ve done so during periods of prosperity and tranquility. And they’ve done so in the midst of war and depression; at moments of great strife and great struggle.
It’s tempting to look back on these moments and assume that our progress was inevitable -窶骭€ that America was always destined to succeed. But when the Union was turned back at Bull Run, and the Allies first landed at Omaha Beach, victory was very much in doubt. When the market crashed on Black Tuesday, and civil rights marchers were beaten on Bloody Sunday, the future was anything but certain. These were the times that tested the courage of our convictions, and the strength of our union. And despite all our divisions and disagreements, our hesitations and our fears, America prevailed because we chose to move forward as one nation, as one people.
Again, we are tested. And again, we must answer history’s call.
One year ago, I took office amid two wars, an economy rocked by a severe recession, a financial system on the verge of collapse, and a government deeply in debt. Experts from across the political spectrum warned that if we did not act, we might face a second depression. So we acted -窶骭€ immediately and aggressively. And one year later, the worst of the storm has passed.
But the devastation remains. One in 10 Americans still cannot find work. Many businesses have shuttered. Home values have declined. Small towns and rural communities have been hit especially hard. And for those who’d already known poverty, life has become that much harder.
This recession has also compounded the burdens that America’s families have been dealing with for decades 窶骭€- the burden of working harder and longer for less; of being unable to save enough to retire or help kids with college.
So I know the anxieties that are out there right now. They’re not new. These struggles are the reason I ran for President. These struggles are what I’ve witnessed for years in places like Elkhart, Indiana; Galesburg, Illinois. I hear about them in the letters that I read each night. The toughest to read are those written by children -窶骭€ asking why they have to move from their home, asking when their mom or dad will be able to go back to work.
For these Americans and so many others, change has not come fast enough. Some are frustrated; some are angry. They don’t understand why it seems like bad behavior on Wall Street is rewarded, but hard work on Main Street isn’t; or why Washington has been unable or unwilling to solve any of our problems. They’re tired of the partisanship and the shouting and the pettiness. They know we can’t afford it. Not now.
So we face big and difficult challenges. And what the American people hope -窶骭€ what they deserve -窶骭€ is for all of us, Democrats and Republicans, to work through our differences; to overcome the numbing weight of our politics. For while the people who sent us here have different backgrounds, different stories, different beliefs, the anxieties they face are the same. The aspirations they hold are shared: a job that pays the bills; a chance to get ahead; most of all, the ability to give their children a better life.
You know what else they share? They share a stubborn resilience in the face of adversity. After one of the most difficult years in our history, they remain busy building cars and teaching kids, starting businesses and going back to school. They’re coaching Little League and helping their neighbors. One woman wrote to me and said, “We are strained but hopeful, struggling but encouraged.”
It’s because of this spirit -窶骭€ this great decency and great strength -窶骭€ that I have never been more hopeful about America’s future than I am tonight. (Applause.) Despite our hardships, our union is strong. We do not give up. We do not quit. We do not allow fear or division to break our spirit. In this new decade, it’s time the American people get a government that matches their decency; that embodies their strength. (Applause.)
And tonight, tonight I’d like to talk about how together we can deliver on that promise.
It begins with our economy.
Our most urgent task upon taking office was to shore up the same banks that helped cause this crisis. It was not easy to do. And if there’s one thing that has unified Democrats and Republicans, and everybody in between, it’s that we all hated the bank bailout. I hated it — (applause.) I hated it. You hated it. It was about as popular as a root canal. (Laughter.)
But when I ran for President, I promised I wouldn’t just do what was popular -窶骭€ I would do what was necessary. And if we had allowed the meltdown of the financial system, unemployment might be double what it is today. More businesses would certainly have closed. More homes would have surely been lost.
So I supported the last administration’s efforts to create the financial rescue program. And when we took that program over, we made it more transparent and more accountable. And as a result, the markets are now stabilized, and we’ve recovered most of the money we spent on the banks. (Applause.) Most but not all.
To recover the rest, I’ve proposed a fee on the biggest banks. (Applause.) Now, I know Wall Street isn’t keen on this idea. But if these firms can afford to hand out big bonuses again, they can afford a modest fee to pay back the taxpayers who rescued them in their time of need. (Applause.)
Now, as we stabilized the financial system, we also took steps to get our economy growing again, save as many jobs as possible, and help Americans who had become unemployed.
That’s why we extended or increased unemployment benefits for more than 18 million Americans; made health insurance 65 percent cheaper for families who get their coverage through COBRA; and passed 25 different tax cuts.
Now, let me repeat: We cut taxes. We cut taxes for 95 percent of working families. (Applause.) We cut taxes for small businesses. We cut taxes for first-time homebuyers. We cut taxes for parents trying to care for their children. We cut taxes for 8 million Americans paying for college. (Applause.)
I thought I’d get some applause on that one. (Laughter and applause.)
As a result, millions of Americans had more to spend on gas and food and other necessities, all of which helped businesses keep more workers. And we haven’t raised income taxes by a single dime on a single person. Not a single dime. (Applause.)
Because of the steps we took, there are about two million Americans working right now who would otherwise be unemployed. (Applause.) Two hundred thousand work in construction and clean energy; 300,000 are teachers and other education workers. Tens of thousands are cops, firefighters, correctional officers, first responders. (Applause.) And we’re on track to add another one and a half million jobs to this total by the end of the year.
The plan that has made all of this possible, from the tax cuts to the jobs, is the Recovery Act. (Applause.) That’s right -窶骭€ the Recovery Act, also known as the stimulus bill. (Applause.) Economists on the left and the right say this bill has helped save jobs and avert disaster. But you don’t have to take their word for it. Talk to the small business in Phoenix that will triple its workforce because of the Recovery Act. Talk to the window manufacturer in Philadelphia who said he used to be skeptical about the Recovery Act, until he had to add two more work shifts just because of the business it created. Talk to the single teacher raising two kids who was told by her principal in the last week of school that because of the Recovery Act, she wouldn’t be laid off after all.
There are stories like this all across America. And after two years of recession, the economy is growing again. Retirement funds have started to gain back some of their value. Businesses are beginning to invest again, and slowly some are starting to hire again.
But I realize that for every success story, there are other stories, of men and women who wake up with the anguish of not knowing where their next paycheck will come from; who send out resumes week after week and hear nothing in response. That is why jobs must be our number-one focus in 2010, and that’s why I’m calling for a new jobs bill tonight. (Applause.)
Now, the true engine of job creation in this country will always be America’s businesses. (Applause.) But government can create the conditions necessary for businesses to expand and hire more workers.
We should start where most new jobs do 窶骭€- in small businesses, companies that begin when — (applause) — companies that begin when an entrepreneur — when an entrepreneur takes a chance on a dream, or a worker decides it’s time she became her own boss. Through sheer grit and determination, these companies have weathered the recession and they’re ready to grow. But when you talk to small businessowners in places like Allentown, Pennsylvania, or Elyria, Ohio, you find out that even though banks on Wall Street are lending again, they’re mostly lending to bigger companies. Financing remains difficult for small businessowners across the country, even those that are making a profit.
So tonight, I’m proposing that we take $30 billion of the money Wall Street banks have repaid and use it to help community banks give small businesses the credit they need to stay afloat. (Applause.) I’m also proposing a new small business tax credit
-窶骭€ one that will go to over one million small businesses who hire new workers or raise wages. (Applause.) While we’re at it, let’s also eliminate all capital gains taxes on small business investment, and provide a tax incentive for all large businesses and all small businesses to invest in new plants and equipment. (Applause.)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-cover      
  読者登録は大歓迎です!→読者になる

洋楽・洋画での英語の勉強方法についてご質問をいただきました

いわゆるポップスというのでしょうか、英語の曲で勉強するのは、とってもいいことだと思いますですよあせる
さて、なぜあせるマークかと言えば…私は経験したことが無いからです叫び
正直よっちゃんであります\(゜□゜)/
うぅぅぅん、何故かっていえば、なんでもそうだけど「勉強」になるとつまらなく感じちゃうんですよね。私は読書の虫で、小学生の頃から本が大好きでしたが、好きな小説がたまたま教科書にとりあげられて、それで試験問題が作られて「(ア)の部分は、作者はどういう気持ちを述べたのでしょう」なんて質問があると(ええじゃないかぁ!そんなの読者の受け取り方次第なんじゃけん、決めつけないでくれよぉぉぉ)などと思ったものでした。
えっと、これじゃ折角のご質問へのお答えにならないですよね(^_^;)
あなたは、音楽が好きですか?
好きな歌手がいますか?
好きな英語の曲がありますか?
そうしたら、メロディーだけで聞きほれた曲も、意味が分かれば楽しみが倍増するかもしれないですよね!ならばCDを買って(借りるより愛着がわきますね)歌詞カードをながめて、対訳を見てみましょう。
あなたの気持ちにピッタリきましたか?来なかったら自分で訳してみましょう。きっと「心」が伝わる詩になると思います。間違ってもいい、どう受け取るかはその人の自由ですよね。
小説の作家が言いました。自分の作品が国語の問題で出題されて、その「正解」をみて;
「ほぉぉお、そういう受け取り方があるのか」
そう、文学に(音楽にも)正解なんてあったらつまらないと思うんです。
とにかく勉強と思わないで、楽しんで、楽しんで、楽しむのが一番だと思います。
自分の「好きな曲」にしてくださいね。
そうしたら苦でも何でもないはずですから。
ただし問題はあります。
英語の曲を訳すには最低限の英語知識、あるいはそれを調べる能力、または指導してくれる師匠、このどれかが必要に思えます。
どれか一つあれば、必ずやっていけると思いますよ。
私が「好きな」曲を訳したものです。ご参考になれば…
The Winner Takes It All
MY HEART WILL GO ON
===
映画について。
私はディズニー映画をおすすめします。
少なくともむやみに下品なスラングを使ったものはおすすめできません。そんな言葉は勉強しなくても現地に行けば(そういう言葉づかいの人との付き合いが生じたら)場末の酒場とかですぐに覚えることでしょう。
ディズニーは子供達が見ることも配慮し、きちんとした英語と明瞭な発音で作っていると感じます。内容の充実度は言うまでもないですね。
上品な英語が使えたら、そうでない英語を使えなくて恥じることはありません。
しかし下衆な英語しか使えなかったら、相手は顔の表情はニコニコしながらも、心の中では(この人はいったいどんな教育をうけたんだ)と疑問に感じることでしょう。
本当に好きな映画があれば字幕スーパーあり→無しの順で繰り返して視聴するといいのでしょうね。
しかし残念ながら私はこれも(勉強としては)したことはないのですが・・・
以前と違って、最近は学習用のPCソフトも充実してきましたね。
例えばこれなどはいかがでしょうか。
超字幕.com
===
好きこそ物の上手なれ、という言葉がありますね。
例えば私は高校時代はアマチュア無線にはまっていましたので、通信機の会社に入社して、電気回路や設計についての英語を学ぶのは楽しくて仕方ないことでした。
皆さん、自分の「好き」なことをとっかかりにするといいですよね。
音楽であれ、映画であれ、スポーツであれ、それは何でもいいと思うんですよ。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-cover      
  読者登録は大歓迎です!→読者になる

何も怖くなかった頃

外資系で2名が辞めた仕事をそのまま引き継ぎ、まさに3倍の仕事をこなした。
一日に100件のメールに返信をするのも平気で、やりがいに満ちていた。
自信に満ちていた。
こわいものなど…何もなかった。
電話会議で(どう言えば受けがねらえるか)など考える余裕があった。
英語が通じなければ「なぜ理解できないの?」と憤慨してみせるほどの覇気があった。
尊大で、怖いもの知らずだった。
でも…その若さって、素晴らしいことだったのかもしれない。
生意気だけど、輝きに満ちていたかもしれない。
今は…こわいねぇ(→o←)ゞ
あの頃よりも、むしろ少しは英語が上達したり…でも自分の無力さも知ってしまった。
読者の方には英語の日本トップクラスの方達もいらして、失礼のないように一つの記事を書くのにも慎重に調べて、大変な時間をかけている。
あぁ、それを思うと、あの頃は本当にすごかったなぁ。
言葉は(今でもそうだけど)語源を頼りに、意味を推測してつなぎあわせて分かった(ようなつもりになった)ものだったなぁ。
♪あの素晴らしい愛をもう一度(作曲:加藤和彦)

(加藤和彦氏は背広姿でにこやかにギターをひいていますね。ご冥福をお祈りします。。。)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-cover
読者登録は大歓迎です!→読者になる

うれしいご報告をいただきました

私のブログ記事を読んできたことが「大学入試に役立った」というお知らせを複数の方からメールでいただきました!
入試を意識して書いてきたわけではないのですが、中学英語の基礎を理解することは、入試に限らずどんな場面でも生きてくることと思います。
とっても嬉しいお知らせで、胸がはずむ思いを皆さんと共有したく、ご報告させていただきました(-^□^-)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-cover      
  読者登録は大歓迎です!→読者になる

英語発音セミナーに参加してきました(熱血発音タレントRieさん主宰)

$中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-単語耳

熱血発音タレントRieさんのセミナーに参加してきました。
Rieさんのブログはこちらです。

熱血発音タレントの夢日記
発声から始まる正しい発音方法を伝える熱い思いが、まさに身体に直接響き渡ってきました。それと同時に、正直に言えば(いかに自分が発音を疎かにしていたか)ということが身につまされ、汗顔の至りという思いでした。
事前に通知いただいたテキストである単語耳を読んではいたのですが、他の参加者の方々は熱心に質問をされていたことにも感心しました。それぞれの目標を持って英語に真剣に取り組んでいる方がこんなにいらっしゃるのだ…と参考になると共に(自分ももっときちんとしてなくては)と身が引き締まる思いがしました。
「単語耳」という本は素晴らしいですね。前半の理論解説だけでも、私が長年感じていた疑問が明らかになり、そして語源の重要性を再認識しました。(著者の松澤喜好氏は私が愛用しているスペースアルクの語源辞典も監修されているんですね!)
発音…これを文字で伝えるのは、なんと難しいことなのでしょう。それこそ息の吐き出し方、お腹からいかに声を持ってきて、喉を通じて、口の形や舌の位置まで…いくら素晴らしいイラストよりも、まさに息が届くような距離でお手本を見ながら実践し、指導を受けるのが一番ですね。
言葉では説明がしきれません。Rieさんのブログを訪問と共に、実際のレッスンを受けてみられることを是非強くおすすめいたします。
Rieさんのホームページはこちらです。

イングリッシュ・フロンティア
遠隔地の方でもウエブカメラを使っての指導が受けられます。一週間に一度の指導を受けるだけでも、それをもとに予習・復習を重ねることで効果が大きく上がります。それは実際の生徒さんで実証されてているのを目の当たりにしました。
e-trek
このe-trekのレッスンは互いの時間を調整して行えるので非常におすすめなのですが、しかし(このレッスンの生徒さんが増えすぎると)体調が完璧ではないのに仕事に打ち込んでしまうRieさんの負担にならないか…個人的には心配ではあります。
言葉では伝えきれない価値を、精一杯に私なりにお伝えしました。Rieさん、本当にお世話になりました。また日時があいましたら、次回の東京でのセミナーにも参加したいと思います。その前に単語耳を少しでも勉強して、少しでも質問ができるような自分にしなければならないですが。。。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-cover      
  読者登録は大歓迎です!→読者になる

読者800名様突破!有難うございます

夢のようです。こんなに大勢の方にご愛読をいただいて。
そしてひとつお詫びを述べさせてください。
読者登録には必ず御礼に伺わせていただいていたのですが、それが出来ていません
一年で一番忙しい時期であること、新しい本の執筆作業の時間を作ろうとしていること、またその為にネットの時間をセーブして早い時間に就寝しようとしていること、などが原因です。
上から目線のようで失礼かと思いますが、私からの読者登録を希望される方は遠慮なくおっしゃっていただけますでしょうか。出来るだけ対応させていただきたいと思っています。
===
また多くの嬉しいご感想をいただく中で(こういう記事が無料で読めるなんて信じられません)という有難いご意見まで時々ちょうだいしています。しかしご安心ください。このブログは仕事とは離れた世界で楽しみでやっていることですので、何か有料のサービスを加える予定は今のところありません。
しかし逆にメールでワンポイントレッスンを望まれる方には、大変申し訳ないですが仕事とパーソナルの区別がつかなくなってしまいますので、お受けしておりません。そういうご要望が多いようであれば、将来的に別途で仕事としてお引き受けするのがいいのか…思案中です。
いずれにしましても、今は新しい本の執筆(その構想)に集中したいため、ニュース記事関連の英語解説も(従来のようにもっとアップしたいのですが)十分に出来ていない状態ですので、しばらくは対応が遅れ気味になることをご理解・ご容赦いただけますでしょうか。
===
今後も皆様の参考になる願いを込めて記事をアップしていきます。
皆さんが喜んでくださることが私の幸せですから。
読者の方の貴重なご意見(英語が苦手なのでフォントが大きいと助かる)は昨日から反映させていただいております。
皆様、これからもどうぞよろしくお願いします!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-cover      
  読者登録は大歓迎です!→読者になる

TOSHI自己破産と離婚へ…(X JAPAN)

大変ショックなニュース記事です。(こちらも参照ください)
10年前から実質的に夫婦ではなかったとは…
しかし奥さんのWANKUさんのブログでは、互いに励ましあっていく姿がつづられてきたのではなかったのか?
色々な批判報道があっても、X JAPANからの脱退、復活すべての時を支えあってきたものと思っていた…
もちろん真実は両者の言い分を聞かなければわかりません。いや、聞いてもわからないことでしょう。
ただ残念です。
(youtubeの動画は1998年のTVのものと推測します)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-cover      
  読者登録は大歓迎です!→読者になる

ワードでトラブル(漢字変換できない)発生、どなたか助けてください

英語と関係ない記事で申し訳ありません。
以下の症状で困っています。
他のソフトでは全く問題はなく「ワードでのみ発生」しています。
例えば「ほんじつ」と入力して1秒くらいおくと、そのまま「ほんじつ」とひらがなに確定変換されてしまいます。
大急ぎでスペースキーを押すと「本日」と変換されますが、他の変換候補は表示されません。
検索して同様の症状から「ユーザ辞書の修復」もしました。
しかし症状はそのままです。
ワードと日本語変換のバージョンは以下の通りです。
ワードはWord2000(古いですよねぇ)
IME Standard 2000 Ver8.1
(PCはhpのnx9005です)
今こうしてウエブで入力していても何も問題ありません。(エクセルでも他のソフトでも問題なしです)
「いま」と入力してスペースキーを押すと「今」「いま」「居間」などと変換候補が表示されます。そのままにしておいても勝手に変換されることはありません。
ワードを使う時だけ、この問題が発生します。
自宅でも職場でもPC・ソフト共に全く同じ環境なのですが、半年前くらいから同じ症状です。
「メモ帳」に書いたものをコピー&ペーストでワードに貼り付けて編集、という面倒な作業をしてきましたが、今回長文を書くにあたって、さすがにこの作業を続けるのが困難でこまっています。
詳しい方、アドバイスをいただけませんでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。
(追記)
更に検索して初心者のためのキーボード操作というサイトを見て「無変換」キーを何度か押したら、偶然(?)一度だけ問題が解消しました。
しかしまた元の状態に戻ってしまいました・・・
(追々記)
色々と実験をしています。
(1)変換モードを手動で一般から無変換に変更、そして無変換から一般に変更
(2)次に「無変換」キーを3回押す(つまり入力モードがカタカナ→半角カタカナ→ひらがな)
こうすると、一旦は問題が解消するようです。
しかしその状態でワード文書を「新規作成」すると、またこの操作を繰り返さなければなりません。。

ハイチ大地震、復興支援で大統領経験者と協議、オバマ大統領


ニュースの目次
子どもの頃から、疑問に感じていました。世界で飛行機事故や災害が起きたとき「日本人に犠牲者はいない模様」となると、報道がプッツリと切れる、あるいは目に見えないほど小さい記事になってしまう。同じ命に変わりないのになぜ分け隔てをしてしまうのか。もちろん自国の国民は大切だけど…
オバマ大統領が自沈翌日から3日連続で声明を発表しています。およそ100億円の復興支援の拠出と5000人規模の軍部隊派遣も発表しています。これこそまさにオバマ大統領の述べる JUST PEACE(正しい平和)への取り組みそのものではないでしょうか。
アメリカ以外の積極的な救援国としてブラジル、メキシコ、カナダ、フランス、コロンビア、ドミニカの名前を挙げています。なぜ?なぜ日本の名前がそこにないのか不思議でなりません。日本こそが多くの震災を経験し、復興ノウハウに長じ、一番に駆けつけるべき国でないでしょうか。悔しい…
ハイチでの死者は10万人(国民人口およそ1千万)以上にも上ると推測されています。もっと新聞の一面で取り上げるべきではないでしょうか。日本政府は緊急資金協力5億円を発表しました。現地での調査と調整を行う緊急調査チーム(6人)を派遣しました。遅い!小さい!
オバマ大統領はハイチの復興支援に向けてブッシュ前大統領、クリントン元大統領と会談すると発表しました。党派を超え、復興に必要な資金集めなどについて活動していく見通しです。アメリカが各国の紛争に介入することでいかに非難を浴びようとも信頼を維持し続けているのは、まさにこういう支援活動、世界の平和に国家をあげて最優先に取り組む姿勢があるからではないでしょうか。
===
Good afternoon, everybody. I wanted to just make a brief statement on the latest situation in Haiti so that the American people are fully up to date on our efforts there.
This morning I spoke with President Preval of Haiti, who has been in regular contact with our ambassador on the ground. I expressed to President Preval my deepest condolences for the people of Haiti and our strong support for the relief efforts that are underway.
Like so many Haitians, President Preval himself has lost his home, and his government is working under extraordinarily difficult conditions. Many communications are down and remain — and many people remain unaccounted for. The scale of the devastation is extraordinary, as I think all of us are seeing on television, and the losses are heartbreaking.
I pledged America’s continued commitment to the government and the people of Haiti — in the immediate effort to save lives and deliver relief, and in the long-term effort to rebuild. President Preval and I agreed that it is absolutely essential that these efforts are well coordinated among the United States and the government of Haiti; with the United Nations, which continues to play a central role; and with the many international partners and aid organizations that are now on the ground.
Meanwhile, American resources continue to arrive in Haiti. Search and rescue efforts continue to work, pulling people out of the rubble. Our team has saved both the lives of American citizens and Haitian citizens, often under extraordinarily difficult circumstances.
This morning, the aircraft carrier USS Carl Vinson arrived, along with helicopters that will be critical in delivering assistance in the days to come. They are preparing to move badly needed water, food, and other life-saving supplies to priority areas in Port-au-Prince. Food, water, and medicine continues to arrive, along with doctors and aid workers.
At the airport, help continues to flow in, not just from the United States but from Brazil, Mexico, Canada, France, Colombia, and the Dominican Republic, among others. This underscores the point that I made to the President this morning: The entire world stands with the government and the people of Haiti, for in Haiti’s devastation, we all see the common humanity that we share.
And as the international community continues to respond, I do believe that America has a continued responsibility to act. Our nation has a unique capacity to reach out quickly and broadly and to deliver assistance that can save lives.
That responsibility obviously is magnified when the devastation that’s been suffered is so near to us. Haitians are our neighbors in the Americas, and for Americans they are family and friends. It’s characteristic of the American people to help others in time of such severe need. That’s the spirit that we will need to sustain this effort as it goes forward. There are going to be many difficult days ahead.
So, so many people are in need of assistance. The port continues to be closed, and the roads are damaged. Food is scarce and so is water. It will take time to establish distribution points so that we can ensure that resources are delivered safely and effectively and in an orderly fashion.
But I want the people of Haiti to know that we will do what it takes to save lives and to help them get back on their feet. In this effort I want to thank our people on the ground — our men and women in uniform, who have moved so swiftly; our civilians and embassy staff, many of whom suffered their own losses in this tragedy; and those members of search and rescue teams from Florida and California and Virginia who have left their homes and their families behind to help others. To all of them I want you to know that you demonstrate the courage and decency of the American people, and we are extraordinarily proud of you.
I also want to thank the American people more broadly. In these tough times, you’ve shown extraordinary compassion, already donating millions of dollars. I encourage all of you who want to help to do so through whitehouse.gov where you can learn about how to contribute.
And tomorrow I will be meeting with President Clinton and President George W. Bush here at the White House to discuss how to enlist and help the American people in this recovery and rebuilding effort going forward.
I would note that as I ended my call with President Preval, he said that he has been extremely touched by the friendship and the generosity of the American people. It was an emotional moment. And this President, seeing the devastation around him, passed this message to the American people. He said, “From the bottom of my heart and on behalf of the people of Haiti, thank you, thank you, thank you.”
As I told the President, we realize that he needs more help and his country needs more help — much more. And in this difficult hour, we will continue to provide it.
Thank you very much.
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
中学英語も不安なあなたへ(よっちゃんの やさしい英語レッスン)英会話、知っていると便利な一言-cover      
  読者登録は大歓迎です!→読者になる