これからのアメリカ政治と大統領スピーチ

私たち多くにとって予想外のアメリカ大統領選挙の結果が出て一週間がたちました。

その間の動きが目まぐるしかったために、まるで何ヶ月もたったかのようにも感じられます。

さて、これからのアメリカ政治はどうなっていくのでしょうか。

私は「急激には」大きく変わるものではないと思います。

選挙キャンペーン中には勇ましく華々しいスローガンが掲げられるのは珍しいことではありません。

しかし、いざ就任となれば目の前には「現実」という大海が広がっています。

そこはひとりで泳げる場所ではなく、議会や行政組織、財界、市民団体その他多くの組織と手を携えて渡っていく場所です。

どんな危険が目の前に迫っているか、それはオバマ大統領がしっかりと伝えたからこそトランプ氏は二者会談のあとで驚くほどに神妙な顔つきだったのではないでしょうか。

では、トランプ氏はどんな大統領演説を重ねていくのでしょうか。

この点も極端に大きな心配は要らないと思います。

基本的には「共和党」の理念に基づきながら大統領の信念を含んだ品格ある原稿をスピーチライターが書いてくれるでしょうから。

今までもオバマ大統領とバイデン副大統領のスピーチには驚くほど多くの共通の香りを感じてきました。

では、人によって、誰が大統領になるかによって、何が異なるのでしょうか。

私は「品格」だと思います。

言葉の背景にあるその人の魂の清らかさ、熱い愛情、深い思いやり、これが品格というものではないでしょうか。

オバマ大統領がスピーチをするのもあと2ヶ月余り。

世界の尊敬を集めた名大統領として歴史に名を残すことでしょう。

大統領選挙に出る2年前から、つまり過去10年にわたってオバマ氏にスピーチを追いかけてきたことに感慨深いものがあります。

アメリカ大統領選挙まで2週間

アメリカ大統領選挙は11月8日に投票が行われます。

最新のABCテレビの調査によるとクリントン氏の支持率は53%と前回の調査より3ポイント増えたのに対し、トランプ氏の支持率は5ポイント減って41%となり、クリントン氏のリードは12ポイントに広がったとのことです。

支持率がそのまま投票率になるわけではないので余談は許しませんが、トランプ候補がかなりの苦戦状況にあるのは間違いなさそうです。

しかし、数字的に驚くのは、ここまでトランプ批判が広がる中でトランプ候補の支持率が41%もある、ということです。

投票結果はまだ出ていませんが、たとえクリントン候補が勝利をしたとしても国民の4割の支持を得たトランプ氏の主張をまったく無視するというわけにもいかないでしょう。

今回の選挙戦ではお互いの避難合戦に終止して政策論争が盛り上がっていないとも言われます。

ですが、候補者個人の考えというよりも政策の多くが「民主党の」そして「共和党の」主義主張を代弁しており、候補者によってその「表現方法」が違うだけ、のようにも見受けられます。

人格というのはもちろん大切であり、国を代表する人物は品格があり、国民の、全世界の尊敬を集める人であって欲しいものです。

ただ、それと政策そのものへの指示は別物であり、大統領選挙だけでなく下院選にも注目したいものです。

アメリカ大統領選とスピーチ解説

今回のアメリカ大統領選ほど世界中に話題を振りまいているものは無いようですね。

民主党のクリントン候補vs共和党のトランプ候補。

誰が人気があるか、ではなく、誰が不人気度が低いか、という異例の争いになっています。

私がオバマさんの応援を始めたのは今から10年近く前、大統領候補にもまだなっていない頃の演説に惹かれたからでした。

それ以来、常にオバマさんのシンパであり続けてきました。

政策が常に百%正解ということはありえません。

そんなことよりも彼の人間性というものにずっと惹かれてきたからです。

さて、来年から新たな大統領になったら大統領スピーチの解説を続けるか、それともオバマさんの過去のスピーチの解説とするか、悩ましいところです。

ビジネス英語コース

「ビジネス英語コース」の内容について以下の通り確認します。

英語の理解レベルは問いませんが、目標は英語をビジネスコミュニケーションに役立てたい、あるいはその必要がある方を想定しています。

◆基本コンセプト

◎実践的なリスニングであること

私たちは話す能力を気にしがちです。
しかし、相手の「話している内容」が分からなければ、そもそも話せないのです。
だからコミュニケーションは「先ずリスニングありき」とお考えください。

外国人は私達の能力に応じて(英検5級のスピードで、いや4級のスピードで)と話すスピードを調整してくれるわけではありません。

だから「普通のスピード」に耳を慣らすことが必要であり、実践的です。
それに最も適したのは「大学入試レベル」のリスニング問題です。

15分間のリスニングテストのあと、じっくりと内容を解説します。

◎グローバルなビジネス常識を身につけること 

グローバルなビジネス常識を身につけるには、アメリカ大統領の演説を理解することが一番の方法と考えます。

なぜなら世界の政治も経済も、すべてアメリカを中心に回っているからです。
文化さえも、ハリウッド映画を代表とするアメリカ文化が世界標準です。

大統領のWeekly Address(毎週の演説)は、まさに時事ニュースそのものであり、世界で何が起きているかを理解するのに絶好の素材です。

すべての国民が理解できるように比較的わかりやすい英文法が使われていますし、オバマ大統領の発音は歯切れ良く聞き取りやすいものです。

毎週のアメリカ大統領演説を把握する習慣を身につけたならば、きっと海外ビジネスに自信をもって臨めるようになるでしょう。

◆曜日・時間
木曜日 19:00-20:30
土曜日 12:30-14:00

◆内容
リスニング講習(大学入試センター試験レベル)30分間
オバマ大統領の演説の読解・解説 60分間

◆料金

◇入会金 0円

◇教材費
レッスンで使うプリントは無料
推奨教材を自費で購入するかどうかは任意

◇月謝
税込12,960円

ブログ更新、英語の勉強を「続けられる」ように!さらにメルマガを発行します

自分で時間を見つけて勉強する…そう、そうすればいいのは分かっているけど…

実際にはなかなか行動に移せないものですね。

自ら、という【積極的な行動は難しい】ものです。

でも、ただ【待っていればいい】ならば楽ですよね。

そんな良い方法があるの?・・・あります!

メルマガならば、待っているだけでいいんです。

私の経験・ノウハウを全てメルマガでお伝えしていきます!

これから以下のような盛りだくさんの内容で発行します。

どうぞお楽しみに!

(1)一押し!どなたにもおすすめ

▼先ずはこれ!どんなふうに勉強すればいいか?
英語で夢をかなえる!英会話の勉強法

▼文法の基本!最も重要なメルマガ 非公開
英文法の基礎
「英会話の勉強法」を登録された方に限定でお届けします。

(2)初級の方向け

▼180もの日常の「一言」表現をお届けします
口語の一言英会話

▼タウン誌に連載した200の「便利なひとこと」表現
英会話、便利なひとこと

(3)中級の方向け

▼インターネットラジオと連動した文法開設
おとなの樂しい初級英語

▼英語力=単語力! 語源を理解すれば語い力は飛躍的に伸びます
英単語の語源 

(4)上級者向け

▼アメリカ大統領の発言は世界の政治・経済を動かします
オバマ大統領の演説

▼VOA(Voice Of America)はアメリカ政府が運営する国営ニュース放送です
ボイス・オブ・アメリカのニュース解説

▼時事英語は就職活動やビジネスの会話に必須のテーマです
ニュース英語の解説

(5)お勉強の息抜きに・・・

▼私の幼いころや海外での体験などをお話します
エッセー・大森善郎

5日間無料メールセミナー【英語で夢をかなえる!英会話の勉強法】

レッスンをしていると、生徒の皆さんから色々なご質問をいただきます。

「なぜ英語の勉強をしたのですか?」
「どんな勉強法をしたのですか?」
etc.

お一人ずつ全員にお答できないことが気がかりでした。

英語は目的ではなく、皆さんの「夢をかなえる」手段ですね。

そしてもっとも知りたいことの一つは「勉強法」だと思います。

その疑問にお答えするべく「5日間無料メールセミナー」を発刊しました。

その名も【英語で夢をかなえる!英会話の勉強法】

以下をクリックしてメールアドレスとお名前を記入いただければ登録完了です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5日間無料メールセミナー
【英語で夢をかなえる!英会話の勉強法】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*メールセミナーは5日間ですが、いつでもやめられます。メール最下端の解除リンクをクリックすると1クリックで解除できます。

どんなふうに学んでいけばいいのか、その勉強法は?

…私もそれが分からなくて苦労し、さんざん遠回りをしました。

皆さんには出来るだけ近道を通って欲しい、と思っています。

そして夢をかなえる道のりで、少しでも皆さんのお役にたてたならば幸せです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5日間無料メールセミナー
【英語で夢をかなえる!英会話の勉強法】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━