視覚障害者の方の為に」カテゴリーアーカイブ

●愛は生きている

たくさんの方に「画像認証を外す」記事を書いていただき、感激しています。皆さん本当に有難うございます。

視覚障害者であるcoffeeさんが、グルっぽで以下のメッセージを書いてくださいました。

「最近毎日のようにどこかのブログ記事で画像認証を外す運動に関する記事を見かけるようになり、皆様方の協力に感謝しています。」

皆さんの声は確実に広がり、生きています。

愛が心に届き、いつかは運営者にも届くはずです。

視覚障害者の方のために音声認証も標準でそなえる」ことが実現するまで、この運動は続けていきたいと思っています。

皆さん、どうか継続的な応援をよろしくお願いします。

もちろん、これは一つのきっかけに過ぎません。世の中にはまだ数多くのバリアーが存在しています。

しかし先ず「無料で」「数秒で出来る」この行動を広げていきましょう。

それだけでも私たちの意識が変わると思うからです。そして、そこから更に他のバリアーも外していくことに発展できると思うからです。

もしよろしければ「視覚障害者のバリアーをはずしましょう」グルっぽにもご参加ください。

視覚障害者のバリアーをはずしましょう

これからもよろしくお願いします。

このブログをRSSリーダーで読む
このブログをメール配信で読む

早朝7:30からの英語レッスンについてのお問い合わせは、
電話またはメールでお気軽にどうぞ。

ワイズアカデミー代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
教室の地図(品川駅から徒歩3分)

●まとめ:視覚障害者の方のバリアー

備忘録を兼ねて問題点を箇条書きにしていきたいと思います。

PDF・iPhoneの問題をのぞくと共通点は「音声認証」も標準として提供されることで問題解決につながります。

常に視覚障害者のことを考慮に入れた「ユニバーサルデザイン」が世の中の標準になることが願いです。

そのための第一歩、とっかかりとしてアメブロの画像認証の問題を取り上げているわけです。

◆アメブロの読者登録の「画像認証」
→1人ずつが認証不要の設定にするしかない

◆アメブロのコメントの「画像認証」
→1人ずつが認証不要の設定にするしかない

◆アメブロのメッセージの「画像認証」
新規メッセージには画像認証が必要
(返信の場合には不要に思われる)
→アメブロに問い合わせ中

◆アメブロのアメンバーの「画像認証」
→これからアメブロに問い合わせ


◆Facebookの登録時の「画像認証」
退会手続きにさえも画像認証が要求される


◆mixi登録の「画像認証」
現在は不要になった


◆ヤフーのID
パスワード忘れた時にメール送信をしてもらうために画像認証が要求される


◆PDF(画像であるため読み上げもできない)
読み上げ機能に最適化してPDFの作成


◆iPhone
スマートフォンとしては「アクセシビリティ」機能が標準で備わっており、進んでいます。
しかしボイスオーバーの「日本語対応」の遅れがバリアーとなっています。

このブログをRSSリーダーで読む
このブログをメール配信で読む

早朝7:30からの英語レッスンについてのお問い合わせは、
電話またはメールでお気軽にどうぞ。

ワイズアカデミー代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
教室の地図(品川駅から徒歩3分)

●PDF読み上げ(健常者の方こそ、是非ご覧ください)

昨日こちらの記事でPDFの文字を読み上げる機能があることをお伝えしました。

簡単に書きましたが、私は調べる時間を含めるとその設定に2時間かかりました。

そんなに初心者でもないはずの私ですらそうなんです。

視覚障害者の方のご苦労がしのばれました。

先ずAdobe Readerに「標準では英語音声しかついていない」ことが問題です。

従って日本語合成エンジンというものをインストールする必要があります。

この記事の説明が一番わかりやすいと思います。

次のいずれかをインストールしてください。私はそのどちらもインストールしました。

マイクロソフトのText-to-Speech Engine

日本障害者リハビリテーション協会「ALTAIR for Windows」

あとはAdobe Readerの設定です。

「編集」メニューから「環境設定」を選ぶ。
「読み上げオプション」で「音声」から「Japanese」が入っているものを選ぶ。

このままでは音声のスピードが速いですから「デフォルトのスピーチ属性を使用」のチェックをはずし、1分あたりの単語数が初期設定で180になっていますので150に変更しましょう。

(なぜか最低が150になっていて、それより遅くは設定できませんでした)

皆さん、よろしければ是非この設定にチャレンジしてみてください。

そしてPDFがどのように読み上げられるか試してみてください。

昨日のこちらの記事から、一般PDFとNHKのPDFを聞き比べてみてください。

いかにNHKのPDFが役立たないか、身を持って実感されるはずです。

このブログをRSSリーダーで読む
このブログをメール配信で読む

早朝7:30からの英語レッスンについてのお問い合わせは、
電話またはメールでお気軽にどうぞ。

ワイズアカデミー代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
教室の地図(品川駅から徒歩3分)

●教えて!メール送信で「画像認証なし」にする設定方法

コメント投稿と読者登録で画像認証をはずす方法はこちらの記事に書いた通りです。

しかし「メール送信」の時に画像認証をなくす設定方法が分かりません。

ご存知の方は、ぜひ教えていただけませんでしょうか。

メールを送るときに画像認証が必要な場合と不要な場合があります。

ということは、きっとどこかに設定があると思うのです。

さんざん色々と試してみましたが、どうしても分からなくて困っています。

よろしくお願いします。

このブログをRSSリーダーで読む
このブログをメール配信で読む

早朝7:30からの英語レッスンについてのお問い合わせは、
電話またはメールでお気軽にどうぞ。

ワイズアカデミー代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
教室の地図(品川駅から徒歩3分)

●PDFの音声読み上げ機能(視覚障害者の方のために)


この動画(6分間)のユーチューブURLはこちらです。

題名は「視覚障害者から見た厚生労働省、アメーバ、ヤフーの改善点」

ポイントをまとめます。

(1)厚生労働省
インターネットでダウンロードできる資料がPDFになってきている。
PDFは一種の画像です。視覚障害者の方には読めません。厚生労働省といえば率先して配慮があってしかるべきです。早急に改善が望まれます。

(2)アメーバ
「画像認証」がバリアーとなっています。グーグル、ツイッター、ヤフーなど他の大手のメディアは音声認証に対応しているにも関わらず、です。

(3)ヤフー
新規登録は音声認証が可能。しかしパスワードを忘れた場合にメールで送ってもらう手続きには画像認証が必要。改善が望まれます。

さて、本題です。
PDFはWindows, Mac, LinuxなどのOSを問わないために便利なフォームであり、どんどん一般化してきています。この流れは止まらないでしょう。

画像としてしか認識できないPDFに対して、視覚障害者の方は一体どうすればいいのでしょうか?

「読み上げ機能」というものがAdobe Reader ver.6からついています。これを利用して、文字の部分を読み上げることが可能です。

しかし!「アクセシビリティに配慮」して制作してある場合のみ、読み上げが可能なのです。

ご興味のある方はウエブアクセシビリティレポートをご覧ください。

アクセシビリティに配慮して作ることは、技術的にそんなに難しいことではないはずです。以下のものを比べてください。

タウン誌のイベント広告
NHKの語学番組の放送時刻表

私の実験結果です。

イベント広告は何の問題もありませんでした。

NHKの語学番組は、殆ど読み上げることができませんでした。

温厚を自認している私ですが、これには怒りすら感じますね。天下のNHKが、この程度のことを配慮しないで資料を作るとは、何事でしょうか。

Adobe Readerのアクセシビリティ・チェックという機能では、こういうチェック結果が出ました。

「この文書には論理構造が含まれていますが、タグ付きPDFではありません。アクセシビリティ情報が一部欠落している可能性があります。」

視覚障害者が認識できないようなPDFならば、文字ベースの資料をつけるべきです。少なくとも厚生労働省やNHKは、そうあって当然ではないでしょうか?

率先して見本を示すべき組織がこの体たらくでは、一般社会の視覚障害者への配慮が思いやられます。

我々は怒るべきときは怒らなねばならないと思います。青臭いと言われようが、なんと思われようが、黙っていては何も変わりません。

皆さんのご意見を是非お聞かせください。

このブログをRSSリーダーで読む
このブログをメール配信で読む

早朝7:30からの英語レッスンについてのお問い合わせは、
電話またはメールでお気軽にどうぞ。

ワイズアカデミー代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
教室の地図(品川駅から徒歩3分)

●視覚障害者の方のための「画像内の説明文」の実験

以下は「養殖漁業」についての記事を書いたときの画像です。
$●中学英語も不安なあなたへ…1分動画レッスン!(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-養殖漁業

この画像には次のタグが自動で含まれていました。
「alt=”$●中学英語も不安なあなたへ…1分動画レッスン!(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-養殖漁業”」

この” ”で囲まれた部分がソフトによって読み上げられると思います。

私が特別にタグを入れたのではなく画像に「養殖漁業」と名前をつけていたので「ブログタイトル+画像の名前」がタグで自動的に囲まれたのだと思います。

さて、ではこれを意図的に読みやすくする実験を行いたいと思います。

altの後に囲まれた文字を変更したのが以下の画像です。

網で魚をとっている漁師の写真

今回はalt以下の説明文を「alt=”網で魚をとっている漁師の写真”」にしました。

ミントさん、coffeeさん、あるいは他の視覚障害者の皆さんへ。

いかがでしょうか?これで少し改善されたと言えるでしょうか?

このブログをRSSリーダーで読む
このブログをメール配信で読む

早朝7:30からの英語レッスンについてのお問い合わせは、
電話またはメールでお気軽にどうぞ。

ワイズアカデミー代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
教室の地図(品川駅から徒歩3分)