├おすすめ」カテゴリーアーカイブ

銀座おとな塾で初級英会話講座を担当します!

銀座おとな塾のホームページ画像
とっておきのニュースが、ついに公開されたので、発表します!

この4月から産経学園・銀座おとな塾で初級英会話講座を担当することになりました!

場所は地下鉄の銀座1丁目駅から徒歩1分、あるいはティファニー銀座本店から徒歩1分、といったほうが分かりやすいでしょうか。

講座名は「ホントに初級の英会話」とある通り、英語に自信がない方を対象としています。

日時は、毎週木曜日の午前10:00~11:30の講座です。

ご興味のある方は、ぜひ以下の銀座おとな塾のホームページをクリックしてご覧ください。

銀座おとな塾「ホントに初級の英会話」

おすすめ「ビジネスマンのためのサバイバル英語」

$品川で英会話、7:30から早朝レッスン、初級中学英語-中高さん

筆者の中高英明さんとは異業種交流・勉強会で毎週お会いし、親しくさせていただいています。
中高さんの英語の実力は「英検1級、TOEIC 990保有。英国国立レスター大学経営大学院修士課程修了(MBA)」という経歴から分かる通り、超一流のものです。
またアカデミックであるだけでなく、日系&外資系企業のビジネス最前線で活躍されてきたことから「実践的」な英語力を何よりもおもちです。
その中高さんが始められた以下のブログをおすすめします。
ビジネスマンのためのサバイバル英語
中高さんは実際に現役のビジネスマンに英語を教えていらっしゃいます。
だからビジネスの「現場で本当に使える英語」を解説していらっしゃいます。
<想定する読者>は、以下の通りだそうです。分かりやすいですね。
(1)楽天、ユニクロの動きを見て「明日は我が身」と怯えているビジネスマン
(2)小洒落た英語を使ってプチ優越感に浸りたいビジネスマン
自分が該当するという方、ぜひご覧になってくださいね。
ビジネスマンのためのサバイバル英語

中学英語の早朝レッスンについてのお問い合わせは、電話またはメールでお気軽にどうぞ。
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
ワイズアカデミー(大人の初級英語教室)
代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
フェイスブックページ

教室までの行き方は:ここをクリック
$●品川で中学英語、大人対象の初級英会話早朝レッスン(大森善郎)-地図

●ぅわっとぅ=what

$●中学英語も不安なあなたへ(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-うわ

ここここんにちはっヾ(@°▽°@)ノ

娘のブログからのパクリです(。-人-。)

わたしは中学校1年生で初めて英語にふれました。
英語の先生の発音は、純真無垢な少年である素人の私にもわかるほど完璧な「ニッポン語発音」でありました。
たとえば;
What is it? = ほわっと いず いっと
Where is he? = ほえあー いず ひー
これは、わたしたちに感動の嵐を与えました。
(こんな風になると、まずいよなぁぁぁあ)
いわゆる反面教師ということでしょうか。

時は流れ・・・私がイギリスに駐在したときのことです。
同僚のポールと世間話をしていたら、彼がこう聞いてきました。
ぇらばぅ?
(は?お前さん、ウェールズ語しゃべってんの?もう一回言って!)
そしたら、もう一度ゆっくりとしゃべってくれました。
ぅえらばぅ?
(わからん!もう一回!)
ぅえらばぅとぅ?
(ごめん!降参!紙に書いて!)
Where about? *和訳:どのあたり?
・・・ぉおおおおおおお!
Where って「ぅえあ」って発音するんだ!

わたしの発音って・・・あの中1の英語の先生と同じレベルだったんですね。
(今もあまり変わらないけど(*v.v)。
それ以来、wで始まる単語は必ず「小さいぅ」から始めるようにしました。
すると、今まで通じなかったwhereやwhenが見事に通じるようになりました。
where = ぅえぁ
when = ぅえん
what = ぅわっとぅ
はい!皆さん what を発音してみましょう!
ほわっと!
・・・ちゃうちゃう、それは(;´∀`)
それは「踊るポンポコリン」の ♪お鍋のなかから ホワっと♪
(youtubeの動画を見ておいてね)
正解は: っとぅ

私の英語教室の生徒さんから、先日うれしい報告がありました。
かれはネイティブからも何年も個人レッスンを受けているのですが
「最近 what や where の発音がよくなったね!」
と、すごくほめられたんだそうです。
ポイントは w=ぅ と発音するだけのことです。
わたしまで、とってもうれしくなりました!ヾ(@^▽^@)ノ


(追記)
さて、次回の早朝レッスンは、明日の10月26日(金)の7:20スタートです。
先日の記事でお伝えしましたように、当分の間は無料でレッスンを行います。
ご希望の方は、電話かメールでお申込みください。
お待ちしています!
info@shinagawa-english.com
0120-169-155
ワイズアカデミー(大人の初級英語教室)
代表:大森善郎
108-0074港区高輪3-25-27-504
↓品川駅から徒歩3分の地図
$●品川で中学英語、7:30から早朝レッスン(大森善郎)-地図

●どの英和辞典がいいの?

$●中学英語も不安なあなたへ(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-辞書

「英語力=単語力」です。
これは私ひとりの意見ではなく、多くの英語指導者が口をそろえていうポイントです。
では、単語を覚えるには、どうしたらいいか?
辞書をひくことです。
「英語の勉強=辞書をひくこと」…これは私の信念です。
どんな辞書でもかまいません。なぜならば、すべてがいい辞書だからです。
ポイントは「使うか、使わないか」だけです。自分が手にとってみて気に入ったものを選べばよいでしょう。
しかし(でもおすすめを知りたい)という方のために、あえて写真のものをおすすめします。
(1)学研ジュニアアンカー英和・和英辞典(中学英語レベル)
(2)学研シニアアンカー英和辞典(高校英語レベル)

「中学英語も不安」と思われる方には(1)はいち押しです。
その理由は:
●文字が大きい
●重要語句が赤い文字でハイライトされている
●イラストが多く、視覚に訴えて覚えやすい

さらに特筆すべきは;
■単語の「読みがカタカナでも表記」されていること
*普通は発音記号のみ
もしも本屋さんになければ、上に述べたようなポイントを頭に置いて、自分の感性にあったものを選ぶとよろしいでしょう。
さて、次回の早朝レッスンは10月26日(金)の7:20スタートです。
先日の記事でお伝えしましたように、当分の間は無料でレッスンを行います。
ご希望の方は、電話かメールでお申込みください。
お待ちしています!
ワイズアカデミー(通信制高校・英語教室)
108-0074港区高輪3-25-27-504
大森善郎
info@shinagawa-english.com
0120-169-155

●家で何を勉強すればいいの?

$●品川で中学英語、7:30から早朝レッスン(大森善郎)-NHK基礎英語

よく受ける質問があります。
家では、英語は何を勉強すればいいですか?
私のおすすめは、常にこれです。
NHKのテレビ・ラジオ講座
なぜ?
◇ただ(無料)!
◇1日10分~15分
◇最高の講義内容
おまけに今ではネットで前の週の講義を聴くことが出来るようになったのですから、まさに至れり尽くせりというしかありません。
昔、わたしの知人で「NHKの講座だけで英検1級」をとった人がいます。
実話です。ウソではありません。しかし・・・
この人は自分で「勉強会を主催」して、仲間と疑問をぶつけあって勉強を継続したのです。
私が思うに・・・勉強の最大の敵は孤独・・・ではないでしょうか?
励まし合う仲間がいる、それを考えるだけでどれだけモチベーションが高く維持されることでしょうか。
こちらの記事に書きましたが、明日の10月23日(火)午前7:30から無料で英語レッスンを行います。
ご希望の方は、以下までメールか電話でご連絡ください。
あなたのご参加をお待ちしています。
ワイズアカデミー(通信制高校・英語教室)
108-0074港区高輪3-25-27-504
大森善郎
info@shinagawa-english.com
0120-169-155

●東日本大震災復興チャリティーコンサート、早稲田大学グリークラブOB合唱団


早稲田大学の63才~73才の先輩方によるコンサート。
動画は’70年代フォークソングメドレーです。
マイクがなくても、歌声が身体と心にビリビリと響いてきます。
一番後ろの座席で撮影したのですが、この臨場感です。
会場の成田市国際文化会館は本当に満席でした。
帰りの義援金の箱には善意のお札があふれていました。
今日はとても充実した時間を堪能できました。


「目が不自由な方のために」画像認証を外してみませんか?
よっちゃん先生(大森善郎)
フェイスブック メール

●いんこまつりに参加してきました

$●中学英語も不安なあなたへ(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-いんこまつり

昨日のフットサル直後は何ともなかったのですが、今日は腰をかがめると太ももがピリピリする一日でした~
さて、今日は英会話サロンNao’s EnglishのNaoさんが主催する「第二回いんこまつり」に参加してきました。
Naoさんからは写真にあるような綺麗なコースターをいただきました。
会場はNaoさんのご自宅で、いんこ好きな方たちが集まり、いんこも規則正しい生活が必要とか、人が話しかけることで言葉を覚えるとか、愛情たっぷりのお話を色々と伺いました。

$●中学英語も不安なあなたへ(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-いんこまつり会場

命あるものへ愛情をささげる姿って、美しいものですね。

「目が不自由な方のために」画像認証を外してみませんか?
よっちゃん先生(大森善郎)
フェイスブック メール

●長文読解:都立高の解説

$●中学英語も不安なあなたへ(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-合格発表

こちらの記事でアップしました都立高入試の問題について解説します。
長文読解の基本アプローチは、こちらをご参照ください。
◆ステップ1:全体をつかむ
今回の文は、会話は部分的に入るだけで、そして中学生のHirokiが最初に出てきます(キーワード)ので、何かの「ストーリー」であると推測できます。
◆ステップ2:キーワード
Hirokiとcontestが最も目につく単語ですので、コンテストにかかわるヒロキのストーリーと推測できます。
◆各段落の冒頭:全景をつかむ
(1)Hiroki was a third-year student at a junior high school
ヒロキは中学3年生でした。
(2)There were two weeks until the contest.
コンテストまであと2週間でした。
(3)Only one week was left before the contest.
コンテストまであとわずか1週間でした。
(4)When Hiroki was going home, he thought, “I said something terrible to Akira. I will *apologize to him tomorrow. But what should I do for the class?”
帰り道にヒロキはこう思いました。「アキラにひどいことを言ってしまったよ。明日は謝らなくちゃ。でもなんて言えばいいんだろう」
(5)The next day Hiroki said to his classmates, “I was wrong, everyone. I said something terrible to Akira. I’m sorry.”
翌日ヒロキはクラスメートにこう言いました。「みんな、僕が間違ってたよ。アキラにひどいことを行っちゃったよ。ごめんね」
いかがですか?これだけでもストーリーが絵のように頭に描けてきませんか?

問1:They don’t know that.の内容を、次のように書き表すとすれば( )の中に、下のどれを入れるのがよいか。
高校入試の場合「何を指しているか」は「直前を見る」ことがポイントです。そこに殆どの場合は答があります。今回であれば;
They are practicing hard. But they don’t have good *harmony. They don’t know that.
まさに直前の文「they don’t have good harmony」が答そのものになっています。
問2&問3は、長文の流れを着実に追っていけば自然と答は導かれます。
問4(1) What did Hiroki decide to do for the class after he saw Ken in a park?
公園で弟のケンを見かけたあとで、ということで場面が変わってからのヒロキの発言がキーポイントです。
Let’s practice singing together.
問4(2) Why did the students look very happy when Mr. Nakao came into the classroom?
Whyで始まる質問があったらbecauseをさがしましょう。また問題文の look very happy を含む文をさがします。すると、ありますね!
They looked very happy because they were really enjoying singing.

長文は決してコワイものではありません。
むしろストーリーを楽しむ気持ちで読みましょう。
そしてそれぞれの段落内容を「メモする」ことで流れがつかめるはずです。
受験生の皆さん、がんばってね!


「目が不自由な方のために」画像認証を外してみませんか?
よっちゃん先生(大森善郎)
フェイスブック メール

●ビューティーコンテストにAYAKAさんが参加しています!

$●中学英語も不安なあなたへ(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-ロッテスタイル

AYAKAさんといえばハワイ!ハワイ情報といえばAYAKAさん。
Amebaいちおし有名ブログ、ブログクイーン、トリップアドバイザーなど数々の栄冠を獲得。
アメリカの大学を出て、英語でビジネスが出来て、ハワイのスペシャリストで。
もう欲しいものはないのでは?と思いたくなるほど華麗な経歴をお持ちのAYAKAさんですが、なんとさらに今度は・・・
「ビューティークイーン」を目指しています!!!
それは、ロッテスタイルスタイルのビューティーコンテスト。
投票(いいね!)の数で勝者が決まります。
ブログでは顔出しをしていないAYAKAさんなので意外だったのですが、なんと、ここでは(ビューティーコンテストなので当然ですが)ばっちりお顔を出していますよ。
AYAKAさんのお顔を見たいかたは、ぜひ以下のリンクをクリックして、よかったら投票をしてくださいね!

ロッテスタイルビューティー

「目が不自由な方のために」画像認証を外してみませんか?
よっちゃん先生(大森善郎)
フェイスブック メール

●長文読解:高校入試、東京都平成23年度

$●中学英語も不安なあなたへ(成田市の初級英会話教室ワイズアカデミー)-合格の画像

これから高校受験をひかえているリプトンさんのご要望におこたえして、高校入試の長文読解について書きたいと思います。
「文法問題を長文の時に生かすコツ」というのがご質問でした。
一般論ではお互いに分かりづらいというか禅問答のようになってしまいますので、具体的な問題で考えたいと思います。
以下は平成23年度の東京都立高校の英語問題です。(大問4番を抜粋したものです)
東京都教育委員会のホームページに公開されているものです。
しかし文字が「画像」となっているために、全て私がタイピングをし直したものです。リプトンさん、そういうわけで問題アップが少し遅れたので許してくださいね。
先ず、長文読解の基本について、私のこの記事を読んでください。
そして以下の問題を解いてください!
リプトンさんだけでなく、皆さんどうぞ問題に取り組んで、自分の思う答、そして悩んだ点などをコメント欄に書いてください。
それを元に解説したいと思います。

では、頑張ってください!
 Hiroki was a third-year student at a junior high school. His school had a chorus contest in March every year. At the end of February, Hiroki and his *classmates were talking about the contest. They wanted to win it. Everyone around Hiroki knew he liked singing and sang very well. One of his classmates said, “Hiroki knows how to sing well. So I want Hiroki to become the *conductor of our chorus.” Everyone agreed. At first, Hiroki wanted to sing with his classmates. But, for his class, he finally agreed and became the conductor. They started to practice after school every day.
 There were two weeks until the contest. Hiroki wanted to make their chorus better and started to give *advice to his classmates. He stopped the practice very often to *complain about that. Linda, Hiroki’s classmate from America, said to him, “Hiroki, you give us a lot of advice, but we don’t understand it well.” She looked a little angry. Hiroki said, “Well, I’m going to sing now. Try to sing like me, everyone.” He began to sig in front of the class. His voice was very beautiful. Linda and the other students thought he was a really good singer. They still didn’t know how to sing well. But they stopped complaining and started to practice again. Their teacher, Mr. Nakao, was listening to them outside the classroom. He thought, “They are practicing hard. But they don’t have good *harmony. They don’t know that.”
 Only one week was left before the contest. Hiroki was worried about the chorus because it was not good yet. Akira, one of his classmates, often sang *off-key. Hiroki stopped the practice and complained to him, “We have practiced hard for a week. But we can’t do well because you sing off-key.” Then Linda shouted, “Stop, Hiroki!” She ran to Hiroki and said, “Akira has also practiced very hard. We all know you can sing very well, but that doesn’t mean you can say anything.” Hiroki was surprised because Linda was very angry. His classmates also looked angry. He didn’t know what to do and left the classroom.
 When Hiroki was going home, he thought, “I said something terrible to Akira. I will *apologize to him tomorrow. But what should I do for the class?” Then, he saw his little brother Ken. Ken was playing soccer with his friends in a park and looked very happy. Hiroki was surprised to see that because he knew Ken was not good at sports. Ken ususally didn’t play well, but his friends didn’t complain about that. Sometimes he played well, and his friends said, “Good, Ken!” Ken smiled and ran hard. At that time Hiroki thought, “Now I know what I should do for the class. I will practice singing together with my classmates. We need to help each other. That will make good harmony in our chorus.”
 The next day Hiroki said to his classmates, “I was wrong, everyone. I said something terrible to Akira. I’m sorry.” He said to Akira, “Let’s practice singing together. I’ll stand next to you today when we sing.” Akira smiled and said, “Thank you, Hiroki.” The other students also smiled. Hiroki said, “Linda, will you be the conductor today?” “Sure!” Linda answered. She said, “We don’t have much time until the contest. Let’s practice hard to win it!” Everyone said, “Yes!” When Mr. Nakao came into the classroom, the students were singing. Hiroki was singing, too. They looked very happy because they were really enjoying singing. After the practice, Mr. Nakao said to them, “You are better than before!” Hiroki said, “Yes, we have good harmony now!”
[注] 
classmate クラスメート
conductor 指揮者
advice 助言
complain 不満を言う
harmony 調和
be worried about~ ~を心配している
off-key 音程を外して
apologize to~ ~に謝る
[問1]
They don’t know that.の内容を、次のように書き表すとすれば( )の中に、下のどれを入れるのがよいか。
ア Linda is a little angry.
イ Hiroki is a really good singer
ウ they don’t have good harmony
エ only one week is left before the contest
[問2]
次のア~エの文を、本文の内容の流れに沿って並べ、順に記号を書け。
ア Hiroki stopped the practice and said something terrible to Akira.
イ Hiroki asked Linda to be the conductor and sang with his classmates.
ウ Hiroki started to give advice to his classmates to make their chorus better.
エ Hiroki thought his class needed to help each other and apologized to his classmates.
[問3]
次の(1)~(3)の文を、本文の内容と合うように完成するには( )の中に、それぞれ下のどれを入れるのがよいか。
(1) Hiroki’s classmates wanted him to become the conductor because ( ).
ア he was not good at singing
イ they knew he didn’t like singing
ウ they thought he knew how to sing well
エ he really wanted to become the conductor
(2) Linda was very angry because ( ).
ア Akira often sang off-key
イ Hiroki left the classroom
ウ the chorus was not good yet
エ Hiroki said something terrible to Akira
(3) When Hiroki saw Ken in a park, ( ).
ア Ken looked very happy
イ Hiroki said to him, “Good, Ken!”
ウ Hiroki thought Ken was good at sports
エ one of Ken’s friends complained to Ken
[問4]
次の質問に英語で答えよ。
(1) What did Hiroki decide to do for the class after he saw Ken in a park?
(2) Why did the students look very happy when Mr. Nakao came into the classroom?


「目が不自由な方のために」画像認証を外してみませんか?
よっちゃん先生(大森善郎)
フェイスブック メール