Iran イラン情勢への非難声明


イラン大統領選挙後の改革派の抗議活動に対し、イラン政府が力による弾圧を行使している。情勢を静観するという立場のオバマ大統領であったが、23日の記者会見で多大なる懸念と非難を表明した。又、これに対してイランのアフマディネジャド同国大統領は米国に内政干渉を停止すべきであると主張した。
Hello, everybody. Good afternoon, everybody. Today, I want to start by addressing three issues, and then I’ll take your questions.
本日は3つの懸案について話してから質問を受けよう。(3つとは、イラン情勢、環境問題、医療制度改革 - ここでは最初のイランの話題に絞ります。)
First, I’d like to say a few words about the situation in Iran. The United States and the international community have been appalled and outraged by the threats, the beatings, and imprisonments of the last few days. I strongly condemn these unjust actions, and I join with the American people in mourning each and every innocent life that is lost.
アメリカと国際社会はイランでのここ数日の圧力・暴力・監禁に憤慨している。私はこのような不正な行動を強く非難し、失われていった無垢の生命にアメリカ国民と共に弔意を表明する。
I’ve made it clear that the United States respects the sovereignty of the Islamic Republic of Iran, and is not interfering with Iran’s affairs. But we must also bear witness to the courage and the dignity of the Iranian people, and to a remarkable opening within Iranian society. And we deplore the violence against innocent civilians anywhere that it takes place.
アメリカはイランの独立性を尊重し、内政干渉をする意図は無いことは明確にしてきた。しかし同時にイラン国民の勇気と尊厳、そしてイラン社会に存在する欠落について証言しなければならない。そして市民への暴力を大変遺憾に思うものである。
The Iranian people are trying to have a debate about their future. Some in Iran — some in the Iranian government, in particular, are trying to avoid that debate by accusing the United States and others in the West of instigating protests over the election. These accusations are patently false. They’re an obvious attempt to distract people from what is truly taking place within Iran’s borders. This tired strategy of using old tensions to scapegoat other countries won’t work anymore in Iran. This is not about the United States or the West; this is about the people of Iran, and the future that they — and only they — will choose.
イラン国民は将来に向かっての議論を望んでいる。しかしイラン政府はアメリカと西欧諸国が選挙結果への抗議活動を扇動していると非難することで、その議論を避けようとしている。この非難は明らかに間違いであり、真にイラン国内で生じている事実から目をそらそうとしているのは明白である。このように他国をスケープゴートにしようとする試みはもう効果を持たない。これはアメリカあるいは西欧についてではなく、イラン国民とその未来について言っているのである。
The Iranian people can speak for themselves. That’s precisely what’s happened in the last few days. In 2009, no iron fist is strong enough to shut off the world from bearing witness to peaceful protests [sic] of justice. Despite the Iranian government’s efforts to expel journalists and isolate itself, powerful images and poignant words have made their way to us through cell phones and computers, and so we’ve watched what the Iranian people are doing.
イラン国民は自分自身の為に発言できるのであり、それが正に過去数日に生じたことだ。2009年の今日において、暴力によって平和的抗議活動の証言を止めることはできない。イラン政府が報道機関を締め出すような努力をしたにも拘らず、強力な映像や言動が携帯電話やネットを通じて我々の元に届き、我々はイラン国民の行動をずっと注視してきたのだ。
This is what we’ve witnessed. We’ve seen the timeless dignity of tens of thousands of Iranians marching in silence. We’ve seen people of all ages risk everything to insist that their votes are counted and that their voices are heard. Above all, we’ve seen courageous women stand up to the brutality and threats, and we’ve experienced the searing image of a woman bleeding to death on the streets. While this loss is raw and extraordinarily painful, we also know this: Those who stand up for justice are always on the right side of history.
何万人ものイラン国民が沈黙のデモを行い、あらゆる年代の人々が投票が正当に開票されたかを主張するためにあらゆる危険をおかすのを見てきた。何よりも、勇気ある女性が威圧行為に立ち上がり、路上で血を流して死に至った映像もこの目にした。このような生命の喪失は痛ましいものである一方、我々は正義の為に立ち上がる人々は常に歴史の正しい側にいることも知っている。
As I said in Cairo, suppressing ideas never succeeds in making them go away. The Iranian people have a universal right to assembly and free speech. If the Iranian government seeks the respect of the international community, it must respect those rights and heed the will of its own people. It must govern through consent and not coercion. That’s what Iran’s own people are calling for, and the Iranian people will ultimately judge the actions of their own government.
エジプトのカイロで述べたように、言論への抑圧は決して成功するものでは無い。イラン国民は団結し自由に発言する世界共通の権利を所有している。イラン政府が国際社会から尊敬されようとするならば、このような権利を尊重し、自国民の意志に注意を払うべきである。弾圧ではなく、合意によって統治が行われるべきである。それがイランの国民自身が望んでいることであり、その結果として究極的に自分たち自身の政府の行動を判断するものであろう。
====
以上がオバマ大統領のスピーチですが、私自身の言葉で述べてみましょう。
米国との対話路線を望む改革派が大統領選挙で敗北しました。しかし有権者数よりも多い開票数があちこちで生じたり、明らかにおかしい投票結果が生じました。その為に再選挙を要求する抗議活動を起こしたことに対して、政府が武力を使って弾圧し、多くの市民の死者が出るという悲劇が生じています。
イラン政府は事実を隠蔽しようと、海外の報道機関に取材規制、あるいは国外退去などの措置を行うも、その騒乱はインターネットを通じて世界中に発信されています。アメリカ(オバマ大統領)は「内政干渉」と言われることを避ける為に「注目している」という発言に終始していましたが、人権問題に対して強力なメッセージを打ち出すべきという世論にも押され、非難声明を出したと考えられます。
これに反発したイランが今後どのような対応をとっていくか、そして益々核兵器開発に走っていくのではないかという懸念も高まります。今後国連がどのように動くかも注目しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です